経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

検索結果#建設コスト

市況レポート

2018.08.21

建設市況レポート

建設市況レポート(2018年8月)

今月は、建築費指数・鉄鋼系・コンクリート系建設資材価格に加え、鉄骨造オフィスビル・ホテル・店舗における都市間建築費格差指数の推移をレポートします。

2018.07.24

建設市況レポート

建設市況レポート(2018年7月)

今月は、建築費指数・鉄鋼系・コンクリート系建設資材価格に加え、鉄骨造の工場、物流施設、倉庫における都市間建築費格差指数の推移をレポートします。

2018.06.19

建設市況レポート

建設市況レポート(2018年6月)

今月は、建築費指数・鉄鋼系・コンクリート系建設資材価格に加え、RC造の集合住宅、病院、学校における都市間建築費格差指数の推移をレポートします。

2018.05.22

建設市況レポート

建設市況レポート(2018年5月)

今月は、建築費指数・鉄鋼系・コンクリート系建設資材価格に加え、鉄骨造オフィスビル・ホテル・店舗における都市間建築費格差指数の推移をレポートします。

建設市況レポート

2018.04.24

建設市況レポート

建設市況レポート(2018年4月)

今月は、建築費指数・鉄鋼系・コンクリート系建設資材価格に加え、鉄骨造の工場、物流施設、倉庫における都市間建築費格差指数の推移をレポートします。

2015.08.26

CM認知元年

事業用施設の考え方(2) 事業戦略から施設戦略へ~CM認知元年-変わる建設マネジメント#10

2015年8月26日付の連載第10回は「事業用施設の考え方(2) 事業戦略から施設戦略へ」です。発注者のニーズが多様化する中、CMに求められる職能も広がっていきます。発注者の事業戦略を理解し、施設が生む収益を増やす方法を考える役割も、CMrが担うことができるのではないでしょうか。

2015.07.22

CM認知元年

事業用施設の考え方(1) 合理的なコスト縮減のための仕組みづくり~CM認知元年-変わる建設マネジメント#09

2015年7月22日付の第9連載回は「事業用施設の考え方(1)合理的なコスト縮減のための仕組みづくり」。発注者が事業用施設に期待することは、その施設が収益を上げ、資産価値を保持すること。そのためのコストコントロールの方法を述べています。

2015.02.19

発注者目線の仕事術

4段階のコスト精査で施工者と対等に価格折衝

工事費の見積もり精査は、4段階のバランスがカギ。 工事費高騰時代にはパートナーシップの重要性も見逃さずに

noimage

2015.02.19

発注者目線の仕事術

4段階のコスト精査で施工者と対等に価格折衝 2

設計者にとって施工者と対等な折衝をするための工事費見積もりのポイントはどこにあるでしょうか。設計者が発注者の信頼を勝ち得るために今押さえておきたい勘所を、山下PMC炭山数文・諏訪寛がご紹介します。日経アーキテクチュア連載記事を一部改変して掲載。(2/2)

2014.11.18

2020以降の建設学

建設投資-日本社会における適正規模と適正なリソース配分について~2020以降の建設学#02

2014年11月17日付の連載第2回は「建設投資-日本社会における適正規模と適正なリソース配分について」です。アベノミクスの成長戦略が建設業界にもたらす可能性と建設投資の現状を分析し、今後の見通しを予想しています。

noimage

2014.09.01

発注者目線の仕事術

コスト増にも対応できる 性能発注への関心高まる 2

どんな建築技術者にとっても知っておいて損はない建築の発注方式のトレンドが「性能発注」。設計者が発注者の信頼を勝ち得るために今押さえておきたい勘所を、山下PMC村田達志がご紹介します。日経アーキテクチュア連載記事を一部改変して掲載。(2/2)