経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

建設市況レポート(2022年1月)

今月の建設市況と今後の見通し

鋼材は高止まり感、その他の資機材は……

凄まじい勢いでコロナの第6波が日本を襲い、不安・不都合な日々が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?
ビジネスへの影響もさることながら、幼稚園・保育園閉鎖など、生活への影響も大きいようなので、皆でフォローし合っていければと思います。

さて、資機材ですが、相変わらず高値の状況が続いています。
鋼材は高止まり感が出てきていますが、ガソリン、電線、ステンレス、アルミ、ニッケル、合板など資材の高騰が今月も報じられています(「日経新聞」より)。
特に非鉄金属のアルミやニッケルが高騰しましたが、脱炭素に伴い需要が拡大している事が原因のようです。

この様な高値が続けば設備投資への意欲が低減してしまうので、早く落ち着いてほしいのですが、まだ先が見えていないといったところだと思います。

さて、下記に先月のコスト状況(1月初旬発表)をお伝えします。

1.資材、建築費指数の傾向

鉄鋼系資材は先月に引き続き、横ばいです。
RC系資材はコンクリートおよび合板が上昇傾向で、特に合板の上昇率が大きいです。

建築費指数はS造、RC造とも先月に引き続き、上昇傾向です。

2.都市間格差の傾向

今回はS造の工場、物流、倉庫をピックアップしています。
東京を100とした場合、広島の上昇率が大きく、名古屋の下降率が大きいのが特徴的です。
低い傾向(90以下)にあるのは変わらず、どの用途も「金沢、新潟、高松」の3都市です。

資材、建築費指数の推移(鉄鋼系)

出典:日経NEEDS / 建設物価調査会

建築費指数:2011年比/ それ以外:2011年4月比

推移傾向

上昇

建築費指数 東京 事務所 S 建築

現状維持

  • 熱延鋼板1.6ミリ 東京
  • 異形棒鋼16ミリ 東京
  • 山形鋼6×50ミリ 東京
  • H形鋼5.5×8×200×100ミリ 東京

下降

  • 鉄スクラップ H2 東京

資材、建築費指数の推移(RC系)

出典:日経NEEDS / 建設物価調査会

建築費指数:2011年比/ 上記以外:2011年4月比

推移傾向

上昇

建築費指数 東京 事務所 S 建築

上昇

  • 普通合板Ⅱ類 4ミリ 東京
  • 生コンクリート 建築 180キロ強度 東京

現状維持

  • セメント バラ 東京

S造 工場の建築費都市間格差指数の推移

出典:建設工業経営研究会

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 札幌、東京

S造 物流の建築費都市間格差指数の推移

出典:建設工業経営研究会

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 札幌、東京

S造 倉庫の建築費都市間格差指数の推移

出典:建設工業経営研究会

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 札幌、東京

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

おすすめ記事