STORYお客さまの声

「丸の内二重橋ビル」東京商工会議所専有部:140年の歴史を継承するビルから生まれる革新(後編)

区分所有を明確にする

地下鉄の出口、配管の管理責任。予期せぬ出来事すべてに対応してくれた

―建築費が高騰した時期と、工事が重なりました

佐藤
コスト面では、どのようにゼネコンさんと着地点を見つけるかがポイントでした。山下PMCさんに多くの案をつくっていただいた上で交渉でき、これはとても心強かったです。
渋谷
東商の品格を維持できるVE(Value Engineering)案をこちらからも多数提示し、設計者から提示されたVE案については、全体として数百におよぶ案の内容検証をしていきました。
佐藤
配水管の区分所有の問題もありました。運営段階でもトラブルにならないように、その区分をはっきりさせる。そして、共用部分の管理はどのように行うかなど、運営面についてもサポートしていただきました。
宮本
駐輪場や地下鉄の出入り口の調整など、東商の計画に大きな影響を与える様々な出来事が発生しましたが、その都度対応してくれました。
渋谷
ただ突き返すのではなく、代案をつくって再考を依頼しました。東商の利益を考え、その品格を保つことも大切です。加えてこのビルに入る3社が一体で事業を展開させていくこと、法令や自治体の決まりを守ること、これらのバランスをとり、最適化することにも注力しました。

働き方改革も進んでいます

宮本
私たちのスタッフが働くオフィス運営も好調で、働き方改革も進んでいます。
渋谷
たしか、部長職以下はグループアドレスになったと伺いました。
佐藤
東商の組織は、政策・事業・管理と3部門あり、その活動は政策提言から資格検定試験まで多岐にわたります。今は、部門間のコミュニケーションが増えてきたように思えます。
宮本
個人の荷物が減り、ペーパーレス化も進みました。とてもいい循環が生まれています。
佐藤
スタッフのコミュニケーションを活性化させたいと山下PMCさんに相談したときに、ご提案いただいた、2フロアのオフィスをつなぐ内部階段も好評です。
渋谷
フロアが違っても、空間が同じだと、一体感も生まれます。
また、体を動かすことでリフレッシュにもなります。
宮本
役員も階段を使って移動しています。全体的に残業する人が減ったのですが、階段を使って移動し、フロアの1カ所で作業しています。これは、セキュリティ管理面でもロスが少ないです。
佐藤
革新的なことが生まれる雰囲気になったと感じています。本当にありがとうございました。

プロジェクト概要

発注者 東京商工会議所
所在地 東京都千代田区丸の内3-2他
建物用途 事務所・会議室・バンケット・店舗・駐車場等
面積(丸の内二重橋ビル全体) 敷地面積 約9,900㎡/延床面積 約174,000㎡
規模/構造 地下4階/SRC造、地上30階・塔屋2階/S造 ※東商専有部は、地下2階~地上6階の一部
基本計画・基本設計・実施設計 株式会社三菱地所設計
設計監理 株式会社三菱地所設計、日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社(東京會舘専有部)
施工 大成建設株式会社
CM業務範囲 基本計画マネジメント、発注支援、設計・施工マネジメント
CM業務期間 2013年9月~2018年11月
CMr 株式会社山下PMC

■山下PMC担当者
木下雅幸、渋谷宣隆、野村康典、吉見周平、西村美星、福田博、吉森美成

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP