「丸の内二重橋ビル」竣工~山下PMCが東京商工会議所専有部のコンストラクションマネジメントを担当~

2018年11月21日、「丸の内二重橋ビル」の竣工式が執り行われました。株式会社山下PMC(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川原秀仁、以下山下PMC)は、東京商工会議所(会頭:新日鐵住金株式会社 名誉会長 三村明夫)より、本ビルの東京商工会議所専有部(以下東商専有部)におけるCM(コンストラクションマネジメント)業務を受託し、施設建築プロジェクトを推進してきました。

「丸の内二重橋ビル」イメージ

「丸の内二重橋ビル」イメージ


「丸の内二重橋ビル」は、千代田区丸の内三丁目の旧「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」の3棟一体建て替えを実現したビルです。山下PMCがCM業務を担当した東商専有部(地下2階~地上6階の一部)には、先進的・開放的なエントランス、事務局オフィスのほか、国際会議にも対応可能なホール・会議室があります。また、医療機関・飲食店・スポーツクラブ等の様々なテナントが入居します。

本ビルは、2018年に創立140周年を迎えた東京商工会議所の新たな本部事業拠点となりますが、事務局では、移転を機にICTを積極的に活用した働き方改革に取り組むことを表明しています。加えて、最大収容人数500名の国際会議にも対応可能な東商グランドホール等も備え、MICE誘致につながることも期待されています。

歴史と先進性を兼ね備えた本ビルの東商専有部の計画において、山下PMCでは、基本計画段階から本プロジェクトに参画。スケジュールやコストの調整、設計・施工マネジメント等、発注者である東京商工会議所の支援を行ってきました。

山下PMCでは今後も、お客さまの事業戦略にぴったり合った施設戦略の企画と実行を通じて、利益の最大化に貢献していきます。

【丸の内二重橋ビル 概要】
事業者 三菱地所株式会社、東京商工会議所、株式会社東京會舘
所在地 東京都千代田区丸の内三丁目2番 ほか
階数・高さ 地下4階/地上30階/塔屋2階、約150m
※東京商工会議所専有部は、地下2階~地上6階の一部
敷地面積 約9,900㎡
延床面積 約174,000㎡
構造 地上:S造/地下:SRC造
用途 事務所、会議室、バンケット、店舗、駐車場等
最寄り駅 東京メトロ千代田線「二重橋前<丸の内>」駅直結
都営三田線、東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅直結
JR京葉線他「東京」駅 地下接続(予定)


【本件に関するお問い合わせ】
広報担当:小掠/鎌田
Mail:info@ypmc.co.jp

▼PDFファイルはこちらから
「丸の内二重橋ビル」竣工~山下PMCが東京商工会議所専有部のコンストラクションマネジメントを担当~

【関連情報】
・「丸の内二重橋ビル」の竣工について(東京商工会議所ニュースリリース、2018年11月21日)

【山下PMCのオフィス・複合施設プロジェクト関連情報】
・エイベックス新社屋建築プロジェクト(オフィスビル)
・朝日新聞社 中之島フェスティバルタワー建築プロジェクト(オフィス、ホテル、商業の複合施設)
・「ヒルトン長崎」PM 業務について(MICE施設)