STORYお客さまの声

ファンケル美健 千葉工場 マイルドクレンジングオイル 専用生産棟(中編)

施工しながら設備を入れ、検査。1日200人出入りする現場

3トン容量の巨大な製造釜を2台導入。主要原料はタンクローリーから原料タンクへ貯蔵、パイプで製造釜へ直接自動投入する。単一製品専用工場の特性を活かし生産効率を最大化する生産ラインを組んでいる。

ラスト4カ月の協議はとても密でした

竣工後、速やかに稼働するためにどんな施策をとりましたか?

椎野
通常は、建物が完成し引き渡されてから、生産機器を入れ、ラインの検査をします。しかし、竣工後速やかに生産を開始するために、複数の工程を同時に進行する必要がありました。難題に対し、浦山さんが、非常に綿密な整理をしてくれました。
浦山
特にラスト4カ月の、関係者間での協議はとても密でしたね。A0サイズの紙にネットワーク工程表を書き出して調整しました。建築工事、生産設備搬入、電力・ガス・上下水の生産機器へのつなぎ込み、建物の検査、生産ラインの検査など、エリアを分け、半日単位で計画をすり合わせ、実行していきました。時にはロジカルに是々非々での判断、時には「これがお客さまの思いだから」という熱意も示して、予定通りたどり着けました。
椎野
そういえば、消防署との調整も初体験でしたね。マイルドクレンジングオイルは、油を主原料とするため、危険物製造所に該当します。そのため、管轄の消防署への説明と認可という対外的な対応が発生しましたが、前例がないため難航するリスクがありました。
浦山
所轄消防の判断はコストにも大きく影響します。そこで過去の行政協議での経験値を引き出し、交渉がスムーズに進むように設計内容や資料内容を工夫しました。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP