STORYお客さまの声

山梨県 丹波山村 役場 新庁舎

誰も考えたことのない
答えを考える

7月中旬に行われる「祇園祭」では、300年以上の伝統を持つ「ささら獅子舞」が奉納される

地域の再生は人を育てることから始まります

現在、森林、狩猟、温泉の活用は3つの分科会として具体的な事業立案が検討され、他にも小中学校校舎の統合による少子化の実情に適正化した教育ビジョンにも山下PMCは参加しています。すべてに共通するゴールは見いだせたのですか?

高木
それは、村の人たちの「営み」をどれだけ豊かにできるかという視線の先にありました。「豊かさ」は難しい指標です。地方創生を語る際には「雇用の創出」「移住者の促進」と数字で示されることも多い。しかし、地元の伝統や文化と無縁の事業が進められても地域の共感は得られません。村民の方々が、「ここの暮らしはいいねえ」と実感しなければ外から人は来ないでしょう。村からは、さまざまな相談をいただきましたが、村民の今のたたずまいを観察し、その「営み」を豊かにする視点を持った時にすべてはつながりました。「営みを豊かにする」をゴールに掲げることで、3つの分科会は新庁舎と合わせ地域の再生と活性化のための具体化が進んでいます。
  • 現在進行中の村づくり。ワークショップでは、未来の村を担う子どもたちに丹波山村の好きなところをヒアリング。ゴールまでのプロセスを皆で楽しんでいる。
長井
「営み」という意味で、丹波山村役場は、まさにそれをワンストップかつ全職員で受け止めてこられました。この役場だからこそできてきたことを、新しい役場の機能として村民に提供できるレイアウトを考えています。
高木
丹波山村は「小さい村」です。しかしそれは、「住民と役場が近い」「意志決定に全員が参加できる」「少ない子どもに手厚い教育機会が与えられる」など、この村でしかできないことを可能にしています。それを未来につなぐ、誰も見たことがない庁舎が出来上がると確信しています。
村長
山下PMCさんとの協業で職員も刺激を受け、積極的に施策提案がでるようになりました。地域の再生は、人を育てることから始まります。今回のプロジェクトからはすでにそうした効果を実感しています。
  • 「丹波山温泉のめこい湯」。「道の駅たばやま」から吊り橋でつながる村営施設。和風・露天・ローマ風呂、食事処や休憩室を備えている。

プロジェクト概要

発注者・施設所有者・運営者 山梨県丹波山村
所在地 山梨県北都留郡丹波山村890番地
建物用途 村役場
CMr 山下PMC
CM業務期間 2018年9月~現在進行中
山下PMC担当者 高木啓司、長井佐千子、北野隆啓、田中準也、齋藤允喜哉

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP