WORKS実績・事例

ボーケン品質評価機構 大阪本部ビル

Photo:satake.Inc.

Photo:satake.Inc.

Photo:satake.Inc.

繊維製品の輸出振興と品質向上を目的に1948年に設立された、日本を代表する総合的試験機関、一般財団法人ボーケン品質評価機構。大阪市内では、元々3つの拠点が点在。2018年、設立70周年を迎えるにあたって、大阪本部ビルを新築・統合を行うにあたって山下PMCがCMとしてプロジェクトを推進した。

プロジェクトの特徴

  • 敷地ポテンシャルの最大化を目指し、2棟に分割。A棟では、本部機能と伝統の繊維試験、B棟では、今後事業の拡大を目指す新規分野(生活試験等)での試験を行うための環境を整備。屋上やメカニカルバルコニーも有効活用することで、機械設備を設置する場所を立体的につくり出し、将来の試験環境の変化にも対応できる柔軟性・拡張性の高い施設にした。
  • 使い手とつくり手をつなぐ「拠点統合プラットフォーム」を構築。排気、電圧、排水処理等、特殊な設備的要件を集約。また、装置の新設・移設を担当する専門工事会社等、それぞれの担当範囲を明確にした。
  • 建築・機械・電気、それぞれの図面を1枚の総合図に集約。試験担当者と工事担当者に双方で確認を行い、排水の位置等、決定時期を前倒しすることで、生産スケジュールを短縮。

山下PMCの担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE

プロジェクトの概要

事業主 一般財団法人ボーケン品質評価機構
所在地 大阪府大阪市港区築港1-6-24
建物用途 試験・検査、オフィス
延床面積 <A棟> 3,240.76㎡ <B棟> 2,945.70㎡
構造 S造(A棟・B棟)
階数 地上3階(A棟・B棟)

オフィス、研究開発(R&D)/生産施設のその他の事例

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP