STORYお客さまの声

NBC長崎放送新社屋(後編)

たった4カ月で移転を完了

隣接の「ヒルトン長崎」との間には、JR長崎駅から浦上川に抜ける歩行者専用道路が整備。駅を降りた観光客が稲佐山の姿を求めてNBC長崎放送の社屋の横を通る人の流れが生まれる。

開局70周年に向けた多くの刺激を得ました

新社屋には、グループ会社や制作協力会社も入居されていますね。

入江
放送業界の厳しい現状も踏まえ、放送収益以外にも力を入れるため、新社屋では一部を賃貸借フロアとしています。いざ移転となった際には、自社のことだけでなく、そうした社外への対応が必要となり、そこでも山下PMCさんに力を発揮していただきました。
杉本
通常、放送局の場合、竣工から移転の完全完了まで10カ月程度確保してもおかしくないのですが、今回は4カ月という短い期間しか確保できませんでした。さらに、テナント入居の各社も「長崎市交流拠点施設」オープンの日に入居を希望され、非常にタイトでした。
小野
施設に対する期待感を感じたうれしい想定外です。想定外といえば、衆議院議員総選挙の日程が重なり、選挙特番の放送に備え引っ越しをずらすことに。でも、長崎放送の方々の一体感と効率的な動きに助けられました。
白壁
社外の協力を得ながら、自分たちの仕事を見直し、新しいあり方を目指す。その最初の力を発揮できた機会でした。この事業を通じ、社内外とのコミュニケーションの取り方、その効果など、開局70周年に向けた多くの刺激を全社的に得られたと思います。
  • 1階エントランスホールには収録設備も備えたイベントスペースも設けられている。建物横の歩行者専用道路とはガラス越しのため、市民イベントとの連動も構想中。

プロジェクト概要

発注者・所有者・運営者 長崎放送株式会社
所在地 長崎県長崎市尾上町5番6号
建物用途 放送局
面積 敷地面積:3498㎡
建築面積:950㎡
延床面積:9054㎡
規模/構造 地上11階/鉄骨造・一部CFT造
設計・監理 株式会社三菱地所設計・株式会社フジタ 九州支店設計JV
施工 株式会社フジタ 九州支店
PMr/CMr 株式会社山下PMC
PMr/CMr業務期間 2018年3月~2021年11月
山下PMC担当者 杉本憲祐、小野順子、吉川大輝、油田泰輝、高橋純信

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

関連タグ

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP