経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

検索結果#BEMS

2019.02.05

ブルーオーシャンを探して

建築業界でも、デジタルでは代替できない人財育成を AI・IoT時代の真のリアルとは?〈後編〉

さまざまな業界でIoTやAI技術が急速に浸透し、生活や仕事の情報のデータ化・可視化が進んでいます。リアル(人的リソース、物理的空間・モノ)とサイバー(デジタル、ネットなど)の世界はシームレス化し、より緊密になろうとしています。しかし、建築業界においては、リアルだけを重視する旧来の制度や慣習から抜け切れず、デジタル化が進んでいるとは言えません。<後編>

/img/topics/article/20160802/og.png

2016.08.03

参謀レポート

複数ビルの設備を「群管理」するためのBEMS活用法

複数のビルの管理を一元化したい――。そう考える管理者は少なくありません。BEMSを使えば、複数施設のエネルギー消費を遠隔で一元管理することが可能です。現地に管理者を常駐させる必要がなくなり、省力化に絶大な効果が期待できる「群管理」の手法とは?

BEMSで生み出した年間2500万円の省エネ事例

2016.07.26

参謀レポート

BEMSで生み出した年間2500万円の省エネ事例

BEMSによるエネルギー消費の「見える化」は、設備更新時にこそ多大なメリットをもたらします。使用実態に即した最適なスペックの機器を導入することによって、エネルギーコストを年間に2500万円も低減させた事例をご紹介。

BEMSによるオフィスの水道光熱費「見える化」のすすめ

2016.06.07

参謀レポート

BEMSによるオフィスの水道光熱費「見える化」のすすめ

BEMSによって「見える化」するだけで、水道光熱費は減らせるのでしょうか。「見える化」をユーザーの省エネ行動につなげるには、ある「ポイント」を押さえる必要があります。さらに日常の省エネだけではない、絶大な効果を上げられる使い方もご紹介。意外と気づいていない設備更新時のメリットとは?

BEMS導入の前に知っておきたい、省エネの基本

2016.04.26

参謀レポート

BEMS導入の前に知っておきたい、省エネの基本

スマート化社会の到来に向けて普及しつつあるBEMS(ビルエネルギー管理システム)。BEMSを導入する前に検討しておくべき、費用対効果を高めるポイントとは? BEMS導入を考えていない人にも役立つ、省エネの基本を押さえます。

2015.10.21

CM認知元年

日本型CMをめざして(2)ものづくりと営みづくりの懸け橋に~CM認知元年-変わる建設マネジメント#12

2015年10月21日付の連載最終回第12回は「日本型CMをめざして(2)ものづくりと営みづくりの懸け橋に」です。これまで「もの」づくりに邁進してきた日本企業も、事業戦略や経営戦略を含めた「営み」の重要性に気づき始めました。これからの社会の中で建設産業に求められる人材像とはどのようなものでしょうか。