STORYお客さまの声

ヒルトン長崎(中編)

多くのプレイヤーの提案から最適解を導く役割の明確化

「ヒルトン長崎」外観。

長崎の魅力、ポテンシャルの高さ。それが表現されている

本プロジェクトには、数多くのプレイヤーが存在していますね。

諸山
多くの担当者、多くの提案、それらを随時判断し決定する膨大な仕事がゴールまで続きます。「設計者」「施工者」「デザイナー」「コンサルタント」、専門工事を行う「施工社・ベンダー」等、様々な専門性を持ったプレイヤーの関係性を整理しました。当事者間で処理できるものは運営者に判断を仰がずに適時進める。ブランドや運営に関わる判断が必要な場合は、会議の場で判断を仰ぐ。このように、役割の切り分けを明確にしました。
三好
すべてのプレイヤーがホテルづくりのプロ。それぞれが「ヒルトン長崎」への強い想いを持っていました。異なる立場の提案をひとつのホテルに集約させる。そのために、提案意図の明確化、課題の優先順位の整理、スケジュール遵守の徹底等、一手ずつ確実に行いました。
阿倉
専門家の提案をそのまま図面にするのではなく、現場の使い勝手を確認して調整してもらいました。たとえば、バンケットやブライダル。素晴らしい空間の提案と同時に、ウエイティング時の対応等、オペレーションも細かく確認しました。その結果、利用者にもスタッフにも心地良い仕上がりにつながっています。
諸山
ゼロからつくり上げていく過程で、ホテル業務のすべてを知る阿倉さんに相談できるというのは、私たちにも心強いことでした。
阿倉
このホテルはフランチャイズでもあり、「ヒルトン」というブランドを掲げながら、私たち運営する側の想い、提供したいサービスレベルへのこだわり等、裾野の広がりまでの一体感によって「ヒルトン長崎」=「長崎らしさ」を全体で表現することを望んでいました。その手応えは、何よりもスタッフたちのモチベーションの高さに表れています。困難な状況での準備、そしてオープンでしたが、誰もが生き生きと働いています。
  • フルサービスかつアッパークラスのホテルづくりと運営には多くのプレイヤーが存在。それぞれの役割と会議体を整理し、課題・提案事項・決定事項を明確にした。
  • ホテルの随所に地元のモチーフを使ったアートを感じる空間がある。©Nacasa & Partners

関連タグ

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP