STORYお客さまの声

京都悠洛ホテル 二条城別邸 Mギャラリー

全員の力が結実する「現場の力」

25室の客室(うち5室はバルコニー付)は全室40㎡以上。すべて庭園に面している。
写真:ナカサアンドパートナーズ 中道淳

このチームならホテルの価値は上がる。
そう確信しました。


お客様からは、どのような要望を受けたのですか?

佐藤
お客さまがPM/CMに求めたものは、コスト、スケジュールの厳守はもちろん、「ブランドに相応しい」「競合に勝てる」ホテルづくりでした。お客さま自身にもデザイン面のこだわりもありました。計画当時、京都ではいくつものラグジュアリーホテルの開業が予定されていました。そのようななか、この案件は25室のコンパクトな規模で、ものづくりにこだわりのある建築家やデザイナーに参画いただき、特色のあるホテルをつくりたいと考えました。設計者やデザイナーの選定には、オーナーやホテルオペレーターとの相性も考慮し、協議を重ねて時間をかけました。

設計施工の担当に大成建設さんが選定されたのもチームづくりの一環ですか?

佐藤
著名な先生方のチームで基本設計を進めていましたので、それを受けた実施設計者・施工者も、四先生の作品を高品質に実現できるスーパーゼネコンが相応しいと考えました。これまで様々なホテルづくりを経験してきましたが、このチームであれば高いクオリティが実現できる、そう確信しました。

チームとして参加した率直な感想をお聞かせください。

高岩
私は実施設計の担当者として、施主さま、山下PMCさん、ホテルオペレーター、そして諸先生方の思いを受け止めつつ、現場に貼り付いて幾多のスケッチを描くことで、アイデア、イメージから「設計図」に落とし込み、現場との意志疎通に努めるのが役目。そこで感じたのは皆さんの思いの強さです。互いに「もっとこうしては」のやりとりによるアップデートが何度もあり、それでいて芯はブレず、共有された分だけ思いも高まっていく。現場との調整は大変でしたが、全員の思いが結実した施設が出来上がりました。
山地
各先生の思いを釘の1本にまで反映してこそ、利用されるお客さまに感動 を与える建物にできる。施工現場の責任者として、プレッシャーも感じましたが、チーム全体として現場との調整に理解をいただき、柔軟な対応や最適解に導いてくださるなど、プロジェクトを進める上で多くの協力を得られました。

チームだからこそ乗り越えられた場面はありましたか?

佐藤
施工途中でホテルオペレーターから、大きなデザイン変更の指示が入りました。
高岩
工期の厳守が頭を巡りながら、実は、新しいデザインに対する期待も感じていました。実際、諸先生方とホテルオペレーターのデザイン担当者とのやりとりはすごい追い上げでした。2日、1日というスパンで仕上がっていく。その勢いで実施設計の修正も間に合いました。
山地
ラストスパートに入った段階で、施主さまが現場の最終確認に来られることに。当日は、固唾を呑みましたが、現場をご覧になり「これでいい」と即断されたの です。最終的に全員の思いが結実した「現場の力」を感じる貴重な経験をさせていただきました。

山下PMCに依頼する上で、最も期待した点は何ですか?

三原
当社は不動産の資産運用の対象として現在、多くのホテル開発に取り組ん でいます。ただ、「二条城別邸」の開発に着手したころは経験も浅く、コストや工期の管理はもちろん、ホテルづくりのすべてをお任せしたいと依頼しました。

山下PMCからの、ホテルの価値を高めるための人選、ゼネコン選定によるチーム体制の提案はどう評価していますか?

三原
不動産ファンドとしては、予算と工期、実現したい価値などのゴール設定がすべて。ホテル品質の担保の部分はノウハウがないので、山下PMCさんにお任せしました。今回のホテルはコレクションホテルのため、ホテルスタンダードがあまり明確ではない。いわばオーダーメイドなので、ものづくりにこだわりのあるチーム体制で、山下PMCさんがハブとなって、アイデアを出し合う雰囲気のよさなど、うまくいったと思います。

ホテルの価値とは、何で評価されるとお考えですか?

三原
当社は、ホテルをつくっておしまい、デベロッパーに売っておしまいではなく、自社でホテルを経営していきます。今後、何十年も経営していくホテルを、お客さまがどう評価してくれるのか。さらには、自社の社員たちが働く現場でもある。建物としてきれい、デザインがいい、そうした見た目だけではなく、サービスを生み出す環境としてのホテルの品質が備わっていなければ、評価は得られず、価値は生み出せません。そこは建築という範疇ではないかもしれませんが、山下PMCさんに参加していただくことで、そうした品質も担保されたホテルが完成したと実感しています。

現在も他のホテル開発でも山下PMCが参加させていただいていますね。

三原
二条城別邸は、25室とコンパクトで、サイズ感がちょうどよかった。しかし、現在手がけているスーパーラグジュアリーホテルの開発を進める上で常に難しいと感じるのは、関係者の多さです。ホテルブランドによっては、専門分野を担うデザイナーやコンサルタントが何十社も入ります。さらに細分化された工事と本体工事との調整など、すべてを俯瞰して見てくれる人が必要です。ホテル全体の価値は、どれか1個が欠けたり、品質が伴わなかったりすれば成り立ちません。開発をサポートするホテルPMとしての役割を、今後も山下PMCさんに期待しています。


プロジェクト概要

発注者・施設所有者・運営者 合同会社二条(代表社員 ウェルス・マネジメント株式会社)/
リシェス・マネジメント株式会社
所在地 京都府京都市中京区市之町180-1
建物用途 ホテル
面積 敷地面積 1,124.31㎡/建築面積 587.90㎡/延床面積 2,247.75㎡
規模 地上4階・地下1階・客室数25室・スペシャリティレストラン&バー
構造 鉄筋コンクリート造
設計・施工 大成建設株式会社
PMr/CMr 株式会社山下PMC
PMr/CMr業務期間 2019年6月~2020年11月
山下PMC担当者 佐藤智香、青山 悠、阿久津太一、旭 翔一、 栗田文久、長尾真奈美、大橋靖史

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP