STORYお客さまの声

茅ヶ崎市地域医療センター 3師会主導による救急医療施設の建築をCMがサポート(中編)

皆さまが自由に意見を言える会議を心がけました

―建築が進む中で、困ったことはありましたか?

丸山
この事業は4つの組織が関わるので、それぞれの意見を調整し、まとめあげることが大変でした。運営費用についても、我々にはわからないことも多いので、山下PMCさんに、ずいぶん助けていただきました。
石原
数十年先を見据えて、ランニングコストの負担を抑えたいご要望がありましたので、計画規模の設定に対し、管理・運営費の試算も重要な判断材料となりました。
丸山
設計・施工会社さんの提案に対しても、山下PMCさんが判断の手助けをしてくれました。我々には材質一つとっても、特徴やコストはわかりませんからね。
石原
コストバランスを確認しながら「いいもの」を選択できるように比較・助言しました。汚れにくい外壁仕上げ、ワックスがけが不要な床仕上げなど、建築資材と経年変化のことなども含めて、最適な方法を模索しました。そういった私たちの提案に対し、とてもスピード感のある判断をいただきました。
丸山
他にも様々な問題が出てきました。今、振り返ると、市の方も、設計・施工会社さん含め、皆さん誠実に対応していただけたと感じています。
石原
会議は単なる報告会ではなく、皆さまが意見を自由に言えることが大切ですね。

―ウッドデッキや中庭等、開放的で心地よい空間もありますね。

丸山
工事中に3階の屋根はウッドデッキにした方がいいのではないか、という意見があり、費用はかかりましたが、よい環境がつくれたと思います。
石原
総額感を確認しながら設計施工者から複数案提示してもらい、そこから選択できるように進めました。
丸山
中庭を取り囲む設計もよいですね。
石原
設計者の中庭提案は、環境向上だけではなく、廊下が短くなり面積効率を向上させる効果も読み取れましたので、私たちも推奨できました。

  • 理事会室に隣接された開放的なウッドデッキのテラス。スタッフの交流の場として活用予定。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP