WORKS実績・事例

2019年度の避難指示解除をめざし、基本設計から竣工まで2年という時間的制約の中、急ピッチで設計・施工が進められた福島県大熊町役場の新庁舎。PMとしてプロジェクトに参画した山下PMCは、工期短縮を目的に、DB(デザインビルド)方式を提案。公共施設ではまだ実績の少なかった方式を行政の業務フローと照合しながら運用することで、完成に導いた。
公共施設建築において、基本設計からDB方式を採用し、完成した施設は、本庁舎が初めてとなる。

プロジェクトの特徴

  • 厳しい時間的制約。公共では実績の少ないDB方式を使い、予定通り庁舎を完成
  • 行政ならではの業務フローを把握し、先回りして対処することで、停滞・遅延を回避
  • 山下PMCが町の代弁者として、関係者と密なコミュニケーションをとりながら、基本コンセプトに即した施設建築をサポート

山下PMCの担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE

プロジェクトの概要

事業主 福島県大熊町 ※発注者支援者(PM業務委託者) 独立行政法人都市再生機構 宮城・福島震災復興支援本部
所在地 福島県双葉郡大熊町大字大川原字南平1717
建物用途 庁舎(事務所)
延床面積 <庁舎棟> 延床面積4,330.23㎡、建築面積2,828.83㎡ <防災・災害対策機能棟> 延床面積883.48㎡、建築面積454.24㎡
構造 <庁舎棟>S造 <防災・災害対策機能棟>RC造
階数 <庁舎棟>地上2階 <防災・災害対策機能棟>地上2階

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP