経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

検索結果#クールジャパン

神は細部に宿る 仕事の“守破離” | 杉田孝明氏×川原秀仁対談(2)

2018.12.04

達人に訊く!

神は細部に宿る 仕事の“守破離” | 杉田孝明氏×川原秀仁対談(2)

予約が取れない超有名店として、国内外に知られる『日本橋蛎殻町 すぎた』のインタビュー後編。仕事の守破離について深く切り込んでいきます。

神は細部に宿る 仕事の“守破離” | 杉田孝明氏×川原秀仁対談(1)

2018.11.27

達人に訊く!

神は細部に宿る 仕事の“守破離” | 杉田孝明氏×川原秀仁対談(1)

予約が取れない超有名店として、国内外に知られる『日本橋蛎殻町 すぎた』。何度行っても新しい発見があるつまみやお寿司のほか、店主杉田孝明さんのホスピタリティ、お店の居心地のよさも多くの人々を魅了しています。今回は、杉田さんの仕事の哲学、修業時代のお話を、10年以上のファンだという川原がインタビューしました。

20周年記念パネルディスカッション(3) 建築家 妹島和世氏

2017.11.28

イベントレポート

20周年記念パネルディスカッション(3) 建築家 妹島和世氏

山下PMC創立20周年記念の第2部として、Bリーグチェアマンの大河正明さん、JTB観光立国マネージャーの山下真輝さん、建築家の妹島和世さん、そしてチームラボキッズ代表取締役 松本明耐さんという各分野で先進的な取り組みを行っているパネリストたちによるトークセッションを行いました。テーマは「日本の社会を元気にする」。今回は、“建築界のノーベル賞”とも言われるプリッカー賞を受賞した建築家・妹島和世さんのお話です。

20周年記念講演 チームラボキッズ代表 松本明耐氏

2017.11.28

イベントレポート

20周年記念講演 チームラボキッズ代表 松本明耐氏

2017年12月に設立20周年を迎えるにあたり「日本の社会を元気にする」をテーマに特別講演会を開催しました。建築、アート、スポーツ、観光のそれぞれの分野からパネリストをお招きした模様を全5回でお届けします。第1回目はチームラボキッズ代表の松本明耐氏。デジタルとアートの融合させ新たなアートの世界を展開された松本氏に、アートが世界をどう変えてきたのかをお話いただきました。

2017.10.05

参謀レポート

日本、その地域だからこそできる 「選ばれるIR」の創生に尽力したい

この記事は、「週刊ホテルレストラン2017.9.22 別冊 日本版IRの全貌! The JAPANESE INTEGRATED RESORT」より転載しています。

「ジャパン・イズ・ローカル」から始まる建設産業のグローバル化

2017.06.06

参謀レポート

「ジャパン・イズ・ローカル」から始まる建設産業のグローバル化

海外ビジネスの成功のためには、その地のローカリティを理解することが肝要。それゆえ海外企業が日本で建設プロジェクトを行う際には、日本を理解してもらうことが不可欠です。数々の海外プロジェクトに携わった山下PMC社員が、自らの経験をもとに不動産・建設産業のグローバル化を探ります。

2016.09.13

イベントレポート

創造系不動産 高橋寿太郎+COEDOビール朝霧重治「川越発のビールを世界へ発信する拠点に」

ビール工場には、見学に訪れるお客様にアピールする雰囲気も大切——そう考えた事業主は、煉瓦造りの既存施設を工場へと生まれ変わらせる事を思い立ちます。COEDOビールの新工場リノベーションについて、創造系不動産・高橋寿太郎氏と、事業主である協同商事社長・朝霧重治氏のお話をお届けします。

「面」の観光が地方創生のカギ

2015.08.03

ブルーオーシャンを探して

「面」の観光が地方創生のカギ

【第6回 クールジャパンの国づくり・後編】観光立国への道は鉄塔から!? 50年の計で育む「点から線へ、線から面へ」の観光が地方を救う。

2015年度を占う −− 企業が、地方が生き残るための投資戦略とは〈後編〉

2015.04.02

ブルーオーシャンを探して

オリンピック、観光、国土強靭化、PRE・CRE、医療介護

【第3回 2015年度を占う 後編】 前編に引き続き、2015年度以降の中・長期的な設備投資の展望を語ります。趣味の音楽の話も。

2015.02.16

2020以降の建設学

日本発の人財・知財で「メイド・ウィズ・ジャパン」を~2020以降の建設学#04

2015年2月16日付の連載第4回は「日本発の人財・知財で『メイド・ウィズ・ジャパン』を」です。日本人だけで造り上げてきたメイド・イン・ジャパンから、日本発の人財や知財によって世界の人々が価値を生み出すメイド・ウィズ・ジャパンへ。グローバル経済と国民国家とのはざまで生き抜くための、一つの方法を提示しています。

2015.02.01

参謀レポート

日本の魅力再考 −“らしさ”の大事さ

オランダの建築家集団MVRDV のWinny Massと共に研究分析し書籍『KM3』にまとめた経験を元に、外資系企業やインバウンドを日本に取り込む意味、日本の魅力を再考する意味を問い直します。山下PMC土橋太一によるレポートです。

2014.09.16

所論諸論

自信持ちジャパニーズ・クール探求し発展

これまで日本の都市デザインは否定的な論調で語られてきましたが、世界の人々は西洋とは異なった感性が生み出す都市空間を評価しています。もっと自信を持って日本の個性を建築や都市デザインに投影してもよいのではないでしょうか。山下PMC川原秀仁による日刊建設工業新聞連載。

2014.06.16

所論諸論

世界をリードする高品質国家へ

建設業界は東京五輪・パラリンピックの成功に向けて多くの課題を解決すると同時に、2020年以降の少子高齢化社会に向けて国や経済のあり方を再構築するという課題にも応えなければなりません。山下PMC川原秀仁による日刊建設工業新聞連載です。

2013.10.21

所論諸論

得意と不得意の融合で新機軸を

日本の強みは「日本の魅力発揮」「健康長寿」「環境・低炭素・BCP」。日本の不得意分野は「財務・会計的概念」。これらが統合化することで、新たな創造的事業が展開されるかもしれません。山下PMC川原秀仁による日刊建設工業新聞連載。