WORKS実績・事例

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

森ビルとチームラボが共同で運営する世界に類を見ないデジタルアートミュージアム。 10,000㎡という圧倒的な広さをもつミュージアムは、5つの空間で構成され、世界初公開作品を含む約50作品を展示。 山下PMCは、プロジェクトの実現に向けて、企画から工事段階までのプロセスに参画し、マネジメントを推進。
CM選奨2019 特別賞受賞。

プロジェクトの特徴

  • “Borderless”のコンセプトのもと、展示作品同士の境界線がなく、新しい体験を創り出す、デジタルアートミュージアム。
  • 520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000㎡の圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界。
  • プロジェクトの実現に向けて、企画から工事段階までのプロセスに参画。建物本体の改修から作品展示において、関係者間の調整、各種発注戦略の策定、各種発注支援、予算管理、品質管理、スケジュール・課題管理などのプロジェクトマネジメントを推進。

山下PMCの担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE

プロジェクトの概要

事業主 森ビル・チームラボ有限責任事業組合
所在地 江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
延床面積 約10,000㎡
構造 S造
階数 地上4階

プロジェクトに関わったマネジャー

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP