MOA美術館 リニューアル

MOA美術館 リニューアル

  • MOA美術館 リニューアル
  • MOA美術館 リニューアル
  • MOA美術館 リニューアル

プロジェクトの概要

国宝3点、重要文化財66点を含む美術品約3,500点を所蔵するMOA美術館の1982年の開館以来初めてとなる大規模リニューアル事業。
設計者、施工者が有する「技術力」のみならず、現代美術作家と建築家からなるデザイナーの「デザイン力」、 人間国宝である漆芸家等が有する「匠の技」を最大限に引き出すマネジメントを実施。
PMrとして、発注者の意志決定を支援し、プロジェクトを円滑に推進。 適切な投資バランス・工期を設定し、リニューアルオープン時期を厳守しながら、美術品の鑑賞・保護にふさわしい静謐な空間を実現。CM選奨2018受賞。

プロジェクトの特徴

  • 老朽化対策だけではなく、現代社会のニーズを踏まえた「より魅力ある美術館」への改修という共通目的のもと、 多種多様な関係者が参画するプロジェクトをハンドリング。
  • 黒漆喰の壁、高透過低反射合わせガラスの採用等、画期的な提案を取り入れ、美術品本来の姿を楽しんでもらうための工夫を展示スペースに反映。加えて、 カフェの新設、有名フレンチレストランの誘致等も推進し、鑑賞のみならず「体験」を重視した施設に。
  • 国宝、重要文化財をはじめとする貴重な美術品を公開する「公開承認施設」に求められる空気環境性能を確保。 必要な性能・条件を発注図書に盛り込み、設計・工事段階でも厳格なコミッショニングを実施。

プロジェクトの詳細

事業主
宗教法人 世界救世教
所在地
静岡県熱海市桃山町26-2
建物用途
美術館
延床面積
14,810㎡
構 造
SRC造
階 数
地上4階/地下2階/PH1階

担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE