WORKS実績・事例

Photo:グランドオープン時のイメージ

日本テレビ系列のネットワーク局、静岡第一テレビは、開局以来40年以上使用され続けてきた社屋の老朽化等を背景に、新社屋を建設。
新社屋のコンセプトは、住宅街に位置する広い敷地を活かした「森の中のメディアステーション」。地域のランドマークとして注目され、住民に愛されるように、豊かな森の創出、鉄塔の夜間ライトアップ、景観や安全に配慮した施設配置を行う。
山下PMCでは、2014年よりCMrとして建替プロジェクトに参画し、2020年6月に竣工を迎えた。
現在も引き続き、社屋移転、現社屋解体、既存の制作スタジオ棟の改修、外構工事において、発注者である静岡第一テレビのサポートを行い、2022年3月のグランドオープンを目指している。

プロジェクトの特徴

  • 山下PMCは、基本構想策定支援、発注準備・発注支援、新社屋の設計・施工マネジメントを担当
  • 施設建築のCMのみならず、事業全体のPM(予算管理、スケジュール管理、各種発注支援など)から、専門的領域のとりまとめ(放送設備工事との調整、各種デザインのディレクションなど)まで、統括的に発注者を支援
  • 2022年3月のグランドオープンに向けて、家具や施設運用の発注および準備を支援

山下PMCの担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE

プロジェクトの概要

事業主 株式会社静岡第一テレビ
建物用途 放送局、オフィス
延床面積 約8,000㎡(新社屋・今回新築部分:約6,000㎡)
構造 鉄⾻造
階数 地上3階、塔屋1階

プロジェクトに関わったマネジャー

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP