経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

CM認知元年-変わる建設マネジメント

山下PMC 代表 川原秀仁による、日刊建設工業新聞「CM認知元年-変わる建設マネジメント」連載です。

日本型CMをめざして(2)ものづくりと営みづくりの懸け橋に~CM認知元年-変わる建設マネジメント#12

2015年10月21日付の連載最終回第12回は「日本型CMをめざして(2)ものづくりと営みづくりの懸け橋に」です。これまで「もの」づくりに邁進してきた日本企業も、事業戦略や経営戦略を含めた「営み」の重要性に気づき始めました。これからの社会の中で建設産業に求められる人材像とはどのようなものでしょうか。

日本型CMをめざして(1)顧客志向でさらなる発展を~CM認知元年-変わる建設マネジメント#11

2015年9月9日付の連載第11回は「日本型CMをめざして(1)顧客志向でさらなる発展を」です。約20年前にアメリカから輸入されたCMは、今や日本独自の職能として広がりを見せています。日本型CMのめざすべき姿とはどのようなものでしょうか。

事業用施設の考え方(2) 事業戦略から施設戦略へ~CM認知元年-変わる建設マネジメント#10

2015年8月26日付の連載第10回は「事業用施設の考え方(2) 事業戦略から施設戦略へ」です。発注者のニーズが多様化する中、CMに求められる職能も広がっていきます。発注者の事業戦略を理解し、施設が生む収益を増やす方法を考える役割も、CMrが担うことができるのではないでしょうか。

事業用施設の考え方(1) 合理的なコスト縮減のための仕組みづくり~CM認知元年-変わる建設マネジメント#09

2015年7月22日付の第9連載回は「事業用施設の考え方(1)合理的なコスト縮減のための仕組みづくり」。発注者が事業用施設に期待することは、その施設が収益を上げ、資産価値を保持すること。そのためのコストコントロールの方法を述べています。

CRE・PRE戦略(2) 地方創生の鍵を握るPRE戦略~CM認知元年-変わる建設マネジメント#08

2015年6月17日付の連載第8回は「CRE・PRE戦略(2) 地方創生の鍵を握るPRE戦略」です。税収減・少子高齢化の進む中、PRE(公共不動産)戦略に関心が高まっています。効果的なPRE戦略は地方創生の鍵となり、地方が生き残る道を開きます。