北海道日本ハムファイターズ 新球場建設構想における候補地について

2018年3月26日、日本ハム株式会社様は、株式会社北海道ボールパーク様を設立し、新球場建設構想の候補地を北海道北広島市の「きたひろしま総合運動公園」に決定されました。

本新球場建設構想につきましては、日本ハム株式会社および株式会社北海道日本ハムファイターズが、“北海道のシンボルとなる空間を創造する”をコンセプトとし、選手のパフォーマンスが最大限活かされるスタジアムを核に国際競争力を有するライブ・エンターテイメントタウンとして“アジアNo.1”のボールパーク”を目指しているものです。

山下PMCは、新球場建設構想のPM(プロジェクトマネジメント)業務を受託しており、関係者の皆様とともに、地域社会に新たな価値を創出すべく「新球場を核としたまちづくり」の推進に向けて、引き続き貢献をしてまいります。

<構想イメージ>(北海道日本ハムファイターズ ウェブサイトより)
fighters01

(ご参考)

日本ハム株式会社:「新球場建設構想における候補地の決定及び準備会社設立に関するお知らせ」

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180326496962.pdf

株式会社北海道日本ハムファイターズ:「新球場構想に関して」

https://www.fighters.co.jp/news/detail/00000329.html