山下PMCプロデュースの昭和薬科大附属高校・中学校PJがグッドデザイン賞を受賞!

workshop

山下PMCは、プロジェクトマネジャーとして参画した「昭和薬科大学附属高等学校・中学校新校舎建設に伴う生徒のデザイン参加」事業において、学校法人昭和薬科大学様、清水建設株式会社様とともに、2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。


このプロジェクトでは、校舎建替にともない「愛校心を育む校舎」を実現するため、生徒とともに新校舎の設計を行うことを試みています。トイレや広場等のデザインに生徒が直接関わることができるワークショップや、記念曲制作のための音楽家とのワークショップなど、さまざまな取り組みが実施されました。


toilet

生徒と設計者とのワークショップによって実現したトイレのデザイン。

山下PMCは昭和薬科大学様とともに本プロジェクトをプロデュース。生徒と設計者がコンセプト立案の段階から共創することで、使用者の思いを受け止めるデザインの場を構築したことが評価されました。


グッドデザイン賞ホームページに本プロジェクトの詳細が掲載されています。
https://www.g-mark.org/award/describe/44545