ソフトバンク 新ネットワークセンター

ソフトバンク 新ネットワークセンター

  • ソフトバンク 新ネットワークセンター
  • ソフトバンク 新ネットワークセンター
  • ソフトバンク 新ネットワークセンター

プロジェクトの概要

10パッケージに分割したコストオン方式を採用。元請けの建設会社の選定は設計・施工一括の性能発注方式、各パッケージの選定はリバース・オークション方式による仕様発注と使い分けることで、電気・設備工事の多い通信系施設において、多くのプレイヤーを統括しながらのコスト縮減を実現しました。CM選奨2015受賞。

プロジェクトの特徴

  • ネットワークセンターとしての性能確保のため、プロジェクト期間を通じたコミッショニング(性能検証)を推進しました。
  • 施工者を10パッケージに分割したコストオン発注方式、元請けの建設会社の選定に性能発注方式を提案しました。
  • プロジェクトを通してBIM制度を採用し、竣工図書の一部に導入することで、運営段階で活用するための基盤を構築しました。

プロジェクトの詳細

事業主
ソフトバンク株式会社
所在地
埼玉県さいたま市
建物用途
事務所(ネットワークセンター)
延床面積
約29,000㎡
構 造
RC造、一部S造
階 数
地上8階

担当フェーズ

  • 事業性検討
  • 企画
  • 設計
  • 発注
  • 施工
  • 運営管理
  • CRE/PRE