「FLAT HACHINOHE(フラット八戸)」着工~山下PMCがプロジェクトマネジメントおよびプロデュースを担当~

2018年10月25日、クロススポーツマーケティング株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:中村考昭、以下クロススポーツマーケティング)は、民間と行政の本格的な連携による日本初の地域密着型多目的施設エリア「FLAT HACHINOHE(フラット八戸)」の着工を発表しました。着工は2018年12月、開業は2020年春の予定です。
株式会社山下PMC(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川原秀仁、以下山下PMC)は、「FLAT HACHINOHE」のPM(プロジェクトマネジメント)/CM(コンストラクションマネジメント)業務をクロススポーツマーケティングから受託しています。

外観イメージ


「FLAT HACHINOHE」は、氷都八戸のシンボルであり地域最大のスポーツであるスケート文化の活性化を図るため、通年型アイスアリーナをベースとしながらも、移動式フロアの設置により、各種アリーナスポーツをはじめ、さまざまなイベントや地域行事、地域の学校体育など、幅広い用途に使用可能な“日本型多目的スペース”となります。

山下PMCは、基本構想段階からクロススポーツマーケティングのパートナーとして本プロジェクトに参画。施設建築にかかるPMだけではなく、国内外の各分野トップレベルのパートナーを結集させ、その力を最大限引き出すプロデュースの機能も含め、プロジェクトを総合的に支援しています。

「FLAT HACHINOHE」コンセプト


「氷都八戸」から全国へ、そして世界へ。すべての人が世代を超え、国境も超え、次世代へつなぐ大切な価値を育み、発信する、未来に向けた新しい場が誕生します。
1. 誰にでも開かれたフラットなビジョン
2. 誰にでも開かれたスポーツのフラットな可能性
3. 誰にでも開かれた用途を限定しない使いやすいフラットな場

▼詳細はこちら:
民間×行政の“次世代型連携モデル”による、全く新しい「地域共生エリア」へFLAT HACHINOHE(フラット八戸)2020年春開業予定(2018年10月25日、クロススポーツマーケティングニュース)


【計画概要】
計画地  :青森県八戸市大字尻内町字三条目7-7、他
敷地面積 :約15,000 ㎡
延べ面積 :約7,200㎡
着工時期 : 2018年12月頃予定
開業時期 : 2020年春頃予定

【本件に関するお問い合わせ】
山下PMC 広報担当:小掠/鎌田
Mail:info@ypmc.co.jp

▼PDFファイルはこちらから
「FLAT HACHINOHE(フラット八戸)」着工~山下PMCがプロジェクトマネジメントおよびプロデュースを担当~