日本型CMをめざして(2) ものづくりと営みづくりの懸け橋に −−社長連載「CM認知元年−変わる建設マネジメント」第12回(日刊建設工業新聞)

日刊建設工業新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「CM認知元年−−変わる建設マネジメント」を連載しています。

2015年10月21日付の最終回第12回は、「日本型CMをめざして(2) ものづくりと営みづくりの懸け橋に」。これまで「もの」づくりに邁進してきた日本企業も、事業戦略や経営戦略を含めた「営み」の重要性に気づき始めました。これからの社会の中で建設産業に求められる人材像とはどのようなものでしょうか。

掲載誌面は下記PDFからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
pdfPDFはこちら