事業用施設の考え方(1) 合理的なコスト縮減のための仕組みづくり −−社長連載「CM認知元年−変わる建設マネジメント」第9回(日刊建設工業新聞)

日刊建設工業新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「CM認知元年−−変わる建設マネジメント」を連載しています。

2015年7月22日付の第9回は、「事業用施設の考え方(1) 合理的なコスト縮減のための仕組みづくり」。発注者が事業用施設に期待することは、その施設が収益を上げ、資産価値を保持すること。そのためのコストコントロールの方法を述べています。

掲載誌面は下記PDFからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
pdfPDFはこちら