品確法と多様な発注方式(3) 発注者と受注者、それぞれの変革 −−社長連載「CM認知元年−変わる建設マネジメント」第6回(日刊建設工業新聞)

日刊建設工業新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「CM認知元年−−変わる建設マネジメント」を連載しています。

2015年4月15日付の第6回は、「品確法と多様な発注方式(3) 発注者と受注者、それぞれの変革」。改正品確法が象徴する変化によって、発注者である地方公共団体や行政機関、受注者である設計者・施工者・CMrはどのような変革を迫られるのでしょうか。

掲載誌面は下記PDFからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
pdfPDFはこちら