復興で注目高まるアットリスク型CM −−社長連載「CM認知元年−変わる建設マネジメント」第2回(日刊建設工業新聞)

日刊建設工業新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「CM認知元年−−変わる建設マネジメント」を連載しています。

2014年12月17日付の第2回は、「震災復興(1) 復興で注目高まるアットリスク型CM」です。
東日本大震災の復興事業を契機に、公共工事にも導入されつつあるアットリスク型CM。その特徴や今後の展開を述べています。

掲載誌面は下記PDFからご覧いただけます。ぜひご一読ください。
pdf PDFはこちら