建設投資-日本社会における適正規模と適正なリソース配分について −−社長連載「2020以降の建設学」第2回(建設通信新聞)

建設通信新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「2020以降の建設学」を連載しています。

2014年11月17日付の第2回は、「建設投資-日本社会における適正規模と適正なリソース配分について」。アベノミクスの成長戦略が建設業界にもたらす可能性と建設投資の現状を分析し、今後の見通しを予想しています。

記事は建設通信新聞公式ブログに掲載されています。ぜひご一読くださいませ。
http://kensetsunewspickup.blogspot.jp/2014/11/pmc-2020.html