『日経アーキテクチュア』にて、「発注者目線の仕事術 第7回」をご掲載いただきました

日経BP社が発刊する『日経アーキテクチュア』2014年7月25日号に、当社社員がオムニバス形式で講師を務める「発注者目線の仕事術」第7回をご掲載いただきました。

第7回タイトルは「4段階のコスト精査で、施工者と対等に価格折衝」。
当社QCDS部プロジェクトマネジャーの炭山と諏訪が担当いたしました。
厳しいコスト上昇局面でどのような判断基準でコストに向き合えば良いのかをテーマに、ユニークなイラストを交えて、解説しています。

日経BP社が運営するウェブサイト『ケンプラッツ』でも、公開されています。
会員登録いただければ、無料でどなたでもご覧いただけます。
ぜひ、ご一読ください。

○関連リンク発注者目線の仕事術 第7回 「4段階のコスト精査で、施工者と対等に価格折衝」
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nad/mag/20140715/670939/