発注者が求める「営みづくり」「ものづくり」 が融合した総合的連動体とは −−社長連載「2020以降の建設学」第12回(建設通信新聞)

建設通信新聞にて、当社代表取締役社長の川原秀仁が「2020以降の建設学」を連載しています。

2015年10月19日掲載の第12回(最終回)は「発注者が求める『営みづくり』『ものづくり』 が融合した総合的連動体とは」です。発注者の視点で考えれば、建設業界の進化の余地は多いはず。事業そのものの環境変化のスピードが年々速くなる現在、発注者が求めるのは、事業戦略や経営戦略を含んだ「営みづくり」と施設戦略の「ものづくり」を融合した施設です。

記事は建設通信新聞公式ブログに掲載されています。ぜひご一読くださいませ。
http://kensetsunewspickup.blogspot.jp/2015/10/2020.html