経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

達人に訊く!

仕事でも仕事以外でも「ハイコンセプト・ハイタッチ」を実践している「達人」にご登場いただくコーナー。
デザイン思考で新しいビジネスを切り拓くためのヒントが見つかります。

スペースマーケット重松大輔氏に訊く「シェアリングビジネスの未来とは?」

スペースマーケット重松大輔氏に訊く「シェアリングビジネスの未来とは?」

AirbnbやUberなど、モノやサービスを共有する「シェアリングビジネス」がいま勃興しようとしています。会議室からお寺まで、空きスペースをシェアするプラットフォームを展開しているスペースマーケット代表の重松大輔氏に、その新しい可能性についてお聞きしました。

スペースマーケット重松大輔氏に訊く「空きスペースが新ビジネスを生むって本当?」

スペースマーケット重松大輔氏に訊く「空きスペースが新ビジネスを生むって本当?」

空きスペースを貸したい人と借りたい人をつなぐサービスを提供するスペースマーケット。起業して3年足らずで急成長し、会議室から個人住宅、お寺、野球場に至るまで、ストックしているスペースは1万件を超えます。代表の重松大輔氏に、そのしくみと成功の理由を聞きました。

古阪秀三・京都大学教授に訊く「発注方式が多様化する今、発注者に必要なスキルとは?」

民間工事だけでなく、公共工事にまで多様な発注方式が導入される時代。高度化する発注に対応するため、発注者にはどんなスキルが求められているのでしょうか。大学人として建築業界の合理化を進めてきた先駆者である古阪秀三・京都大学教授に、忌憚のない意見を伺いました。

古阪秀三・京都大学教授に訊く「これだけは押さえておきたい、発注者の基礎知識とは?」

建築プロジェクトが大型化・複雑化する一方、発注者責任をステークホルダーから厳しく問われる現在。経営者や施設担当者は発注者として、どんな知識や心構えを身につけておくべきでしょうか。長年、建築業界の合理化を大学人として推進してきた古阪秀三・京都大学教授に聞きました。

コクヨWORKSIGHT山下正太郎編集長に訊く「ここまで来た!海外オフィス最新事情」

国内外の企業の働き方とオフィス環境について情報を発信する、ワークスタイル戦略情報メディア「WORKSIGHT」。編集長の山下正太郎氏に、海外のワークプレイス最新動向と、その取材を通じて見えてきた日本の未来について聞いてみました。