週刊 施設参謀 週刊 施設参謀

経営課題を解決するファシリティ・
CRE戦略マガジン

クラウドコンピューティング社会 クラウドコンピューティング社会

クラウドコンピューティングとは

クラウド化への流れ 「クラウドコンピューティング」という言葉自体は、グーグルのCEOであるエリック・シュミット氏が2006年に提唱した概念である。情報やアプリケーションは、特定のサーバ上ではなく「雲」のように拡散したサイバースペースの中からサービスとして提供されるというコンピュータの形態である。
一方、ネットワーク・コンピューティング、ユーティリティコンピューティング、SaaSなど既存の概念を含んだ内容であるため、単なる言葉の言い換えという指摘もなされている。つまり、クラウドコンピューティングとは具体的な技術ではないが、ソフトウエアの提供方法であればSaaS、サービス提供事業者という意味ではASP などと置換することも可能であり、それらを更に発展させたサービスの総称といえる。
クラウドコンピューティングが現在のように普及した理由は、ネットワーク利用に相当のコストがかかった時代と比較し、データを社外の集中管理されたデータセンター内に置いても充分安価なネットワークコストになったことが挙げられる。

企業のクラウド利用

企業がクラウドを利用する利点は、システム構築に掛かる初期投資が少ないことである。必要な部分だけ自社開発することでコスト削減が可能となり、また、一時的な大容量データ処理やアクセス集中などにより処理能力が不足した場合でも、自前で新たなサーバ群を構築することなく、クラウドサービスの追加利用が可能である。

特に近年企業のIT 関連費用のうち、人件費の占める割合が高くなる傾向がある。システムを自社で構築し、利用していくためにはそれなりの規模と稼働率が必要となるが、この点データセンターを集中的に運営するサービスプロバイダーにその一部を任せることは、コスト面において有利である。

クラウドのサービスメニュー<※>参照

しかし、銀行業務や医療など機密性が極めて高い情報や、企業のミッションクリティカルとなるようなデータを扱う場合は、依然として社内のデータセンターで稼働することがセキュリティ上望ましい場合もある。どこまでクラウドに託すことができるかの判断は、企業ごとに異なるが、非コア業務や非ミッションクリティカル業務については、クラウドのどこかで処理をしてもらうことが一般的になる可能性が高い。

YPMC クラウド戦略

情報通信技術(ICT)の発達を受け、我々が業務を実施する上で、関係者が常に同一の場所にいる必要性は年々低下してきている。プロジェクトを遂行するために必要な情報が一元的にストックされ、インタラクティブなネットワーク環境があればアドレスフリーな業務形態が適用できる。ネットミーティングやオフサイトミーティングなど、実用段階の技術は積極的に社内的導入し、業務の効率化とクリエイティブな環境での新しい発想の萌芽を実現している。

特に大規模プロジェクトにおいては、その関係者は膨大な数になる。プロジェクトに必要な情報は、全てクラウドにアップして各人のPC やプロジェクターを通して画像化される。最新情報は常にクラウドの中にあり、必要に応じて、設定された各人の権限に合わせて閲覧、書込み、更新、保存などを行っている。当然多拠点間の会議においても、同一情報を共有しながら議論が可能で、その場で情報の修正やアイデアの具現化を実施している。

クラウド化社会

また、施設の運営段階となるライフサイクルマネージメント分野でもクラウドの実用性は高い。単体、複数を問わずファシリティの状況を一元管理、各種診断やエネルギーマネージメント、資産管理などの効率的実施が可能となっている。各々の施設や企業で実施していた建物や不動産管理をクラウドに託し、データ処理を実施、必要なアドバイスやコンサルティングなどはクラウドを介してクライアントへ提供するシステムを構築中である。

クラウド化社会

ユビキタス社会や情報通信技術(ICT)の発展とともに訪れるクラウドコンピューティング社会。IDC の市場調査によると、2008年から2012年にかけてクラウド関連サービス市場は約3倍に増加すると予想される。クラウドコンピューティングは交通機関・電力・上下水道・金融システムなどと同様、社会インフラのひとつとなり、コモディティ化が進んでくる。

クラウド化社会においては、情報はより迅速化され、融合化され、普遍化されていく。業務の形態や社会生活はフラット化し、中心が無くなっていく。企業や業務は固定的な頂点がなくなり、それぞれが主体的となり得、創造的活動に集中できる。急速に変化するクラウド化社会では企業も個人もこのシステムをどのように効率的、効果的に活用していくのか、ということが重要になっていくであろう。

<※>
SaaS(Software as a Service):
ソフトウェアをユーザー側に導入するのではなく、ベンダ(プロバイダ)側で稼働しソフトウェアの機能をユーザーがネットワーク経由で活用する形態を指す。
PaaS(Platform as a Service):
アプリケーションの実行環境を提供するサービスを指す。アプリケーションの実行環境だけでなく、システムの開発環境やソフトウエアのテスト環境として使われることもある。SaaSと異なりユーザーがアプリケーションを用意し、そのメンテナンスや管理まで実行する。
HaaS(Hardware as a Service)・
IaaS(Infrastructure as a Service):
主に仮想マシンを貸し出すサービスを指す。IaaS/HaaS では一般に、ユーザーはOS を含めたシステムを構築しOS を含めて管理する。