経営課題を解決するファシリティ・CRE戦略マガジン

週刊 施設参謀

一級建築士、コンストラクション・マネジャーの資格をもつ
施設建築・運営管理の専門家がみなさんの疑問に答えます。

建設市況レポート(2020年7月)

今月の建設市況と今後の見通し

これからのオフィスはどうなるの?

新型コロナの第二波はすぐそこまで来ているよう気配があり、全国的に緊張した状況がまだまだ続いていますね。感染者数だけでなく感染率も少しずつ上昇しており、予断を許さない状況と認識しています。

このような状況が続く中、これからのオフィスはどうなっていくのだろう、と各社様々な見解を示していますが、結局のところ、これといった方向性は見えていないようです。

日経新聞(7月10日付)に「面積縮小」「拠点分散」「3密対策」への対応が新常態では必要になるという記事があり、目に留まりました。在宅勤務などが根付き始めたことで、都心の空室率も10年ぶりの上昇幅となっています。不動産事業の今後も気になるところです。

鋼材の価格も読みづらい動きをしています。電炉材のH形鋼を19カ月ぶりのUP率(5%程度)で引き上げるとのこと。と同時に鋼材の原料となる鉄スクラップは3%減で取引されているとの記事もあり、需要と供給のバランスが不安定になっていると思われます。今後も注視していきます。

さて、下記に先月のコスト状況をお伝えします。

1.資材、建築費指数の傾向

鉄鋼系の主な資材は5月に引き続き、下降傾向です。
RC系資材は5月に引き続き、横ばい傾向です。
建築費指数はS造およびRC造とも先月に引き続き、下降傾向です。

2.都市間格差の傾向

今回はS造の工場、物流、倉庫をピックアップしています。
特に札幌の上昇率が高い様子が分かります。
低い傾向(90以下)にあるのは変わらずどの用途も「金沢、新潟、高松」の3都市です。

資材、建築費指数の推移(鉄鋼系)

建築費指数:2011年比/ それ以外:2011年4月比

推移傾向

下降

建築費指数 東京 事務所 S 建築

上昇

  • 鉄スクラップ H2 東京

現状維持

  • 異形棒鋼16ミリ 東京

下降

  • 山形鋼6×50ミリ 東京
  • H形鋼5.5×8×200×100ミリ 東京
  • 熱延鋼板1.6ミリ 東京

資材、建築費指数の推移(RC系)

建築費指数:2011年比/ 上記以外:2011年4月比

推移傾向

下降

建築費指数 東京 事務所 S 建築

現状維持

  • セメント バラ 東京
  • 人工軽量コンクリート 180キロ強度 東京
  • 普通合板Ⅱ類 4ミリ 東京
  • 生コンクリート 建築 180キロ強度 東京

鉄骨造 工場の建築費都市間格差指数の推移

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 東京、札幌

鉄骨造 物流の建築費都市間格差指数の推移

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 東京、札幌

鉄骨造 倉庫の建築費都市間格差指数の推移

2015年比

指数比較(今月)

  • 金沢、新潟、高松 仙台、大阪、広島、名古屋、福岡 東京、札幌

・記載されている内容は、掲載当時の情報です。予告なく変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。なお、本文中では™、®マークは基本的に明記していません。

おすすめ記事