「施設参謀」の価値

事業戦略と建設プロジェクトを橋渡しする「施設戦略」

事業主にとって施設や不動産は重要な資産であり、大切な経営資源です。施設の姿は中長期的な経営計画を密接に体現したものでなければなりません。ところがこれまで、事業戦略の立案をサポートしてくれる専門家や、建設プロジェクトを推進してくれる専門家は数多くいるにもかかわらず、事業戦略と建設プロジェクトを橋渡しするような職能はありませんでした。そこに私たち「施設参謀」が存在する意味があります。

山下PMCは、建設プロジェクトの前段階でお客さまの事業の顕在的・潜在的要望を徹底的に洗い出し、お客さまの事業戦略にフィットした器となるように施設のQCDS+R(品質、コスト、納期、運営・サービス、リスク低減)を練り上げます。私たちはこれを「施設戦略」と呼んでいます。事業戦略を施設戦略に置き換えることによって、施設をお客さまの思い描く事業により沿った形に近づける。これが「施設参謀」の重要な役割であり、他の追随を許さない山下PMCの強みです。事業収益と資産価値の最大化を図りつつ、社会的課題にも応えることのできる施設戦略をご提案いたします。

プロジェクトの状況によっては、必ずしも「建てる」ことが最適でない場合もあります。設計や施工をはじめとした建設業界のサービスは「建てる」ことを前提とした報酬体系になっているため、お客さまと利益が相反し、事業に対して中立的な判断ができないケースが存在します。第三者性を保った「施設参謀」だからこそ、「建てる」ことにとらわれず、お客さまの立場から施設のあるべき方向性の検討を重ねることが可能です。


お客さまの想いを施設建築として実現する

施設戦略を立案して終わりではなく、施設戦略が建築物として実現するまで確実にサポートすることが、私たち「施設参謀」の大切なもう一つの仕事です。事業戦略に立脚した施設戦略を、建設プロジェクトを通じて最適な時間のなかで現実のものとし、運営にまで導く。山下PMCのマネジメントと、一般的な経営コンサルティングとの違いはここにあります。

山下PMCは、事業の早期コミットメントとリスク低減を目指しながら、建設プロジェクトを成功へ導くプログラムを策定いたします。事業コンセプト、アクションプラン、ロードマップなどを明確化することにより、設計者・施工者をはじめとするプロジェクト参画者すべての向かうべき方向を可視化します。お客さま主導の推進体制を構築し、お客さまが全ての関係者とお互いにWin-Winの関係になるよう継続的な協力関係を築きながら、プロジェクト全体をハンドリングいたします。

高度な専門性を持つ当社のプロジェクトチームスタッフが、豊富な実績に裏付けられた強力な推進力と精緻な技術管理力をもって、お客さまの想いを事業の成功へと結び付けるお手伝いをいたします。