北海道日本ハムファイターズ新球場「北海道ボールパーク」(進行中)

プロ野球チーム 北海道日本ハムファイターズの新球場「北海道ボールパーク」は、2023年3月開業予定。「世界がまだ見ぬボールパーク」というキャッチコピーが象徴するように、これまでの日本のスポーツ施設の概念にとらわれない新しい空間を目指し、建築プロジェクトを進行中。
JFAが提唱する「選手育成・代表強化・指導者養成の三位一体+普及」の核となる拠点の整備。男女各カテゴリーの代表スタッフ、指導者や審判員のインストラクター、また、メディカルやフィジカル、テクニカルの専門スタッフが日々活動を共にする中で課題を共有し、それを解決していくトレーニングの場を目指す。
氷都八戸のシンボルであり地域最大のスポーツであるスケート文化の活性化を図るため、通年型アイスアリーナをベースとしながらも、移動式フロアの設置により、各種アリーナスポーツをはじめ、さまざまなイベントや地域行事、地域の学校体育など、幅広い用途に使用可能な“日本型多目的スペース”
横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムが掲げる『コミュニティボールパーク』化構想の実現に向け、横浜スタジアム増築・改修にかかるCM業務を推進。
東京2020オリンピック・パラリンピックの野球・ソフトボールの主会場ともなる。
2023年開催の国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会を契機として、佐賀県民の夢や感動を生み出すスポーツの一大拠点の形成。山下PMCは、アリーナ建設のCMを担当。
中央公園広場でのサッカースタジアム建設における施設配置等の検討、騒音や渋滞等への対応策の調査・検討、実現可能性等の検証。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP