ライフサイクルマネジメント

山下PMCは、ライフサイクルマネジメント手法により、お客さまの建物価値の最大化を支援いたします。

「建物(資産)の生涯(ライフサイクル)」に視点をおき、「最小の投資(初期投資+ライフサイクルコスト)」で「最大の効果(建物の生涯にわたり求められる効用)」を実現するためのライフサイクルマネジメントをご提供します。

ライフサイクルマネジメント手法による建物価値の最大化

お客さまが「新たに計画する建物(資産)」、もしくは「現在保有されている建物(資産)」に対して、トータルライフサイクルコスト、利用価値、資産価値、収益性、顧客満足度、適法性などについて検討のうえ、「建物価値の最大化」を実現する解決手法をご提案します。

ライフサイクルマネジメント手法による「建物価値の最大化」の実現 イメージ画像

トータルライフサイクルコスト縮減とROA向上の両立

イニシャルコストの設定段階を含め、施設運営・維持の全段階において、建物の長寿命化と共に「運用費」、「修繕・更新費」、「保全費」、「保有費の低減(≒ROA 向上)」をふまえたトータルライフサイクルコストの縮減を推進しています。
あわせて、IFRS(国際会計基準)適用を見据え、コンポーネント・アカウンティング解決手法として、資産区分技術・施設情報一元化をご提案します。

トータルライフサイクルコスト縮減とROA向上の両立 イメージ画像

ライフサイクルマネジメント 業務メニュー

施設運営管理体系構築

施設運営管理の実態を分析・評価し、効率的な運営管理体系を再構築したうえで、合理的な運用手法を検討します。

長期修繕計画策定

予防保全の考え方に基づき、保有施設の重要度・修繕優先度を整理し、長期的な修繕・更新費の平準化を実施することで長寿命化を実現し、かつ戦略的リノベーション計画のためのマネジメントを実施します。

省エネルギーマネジメント

施設の「物理的劣化」に対する費用のみで考えるのではなく、「経済的劣化・社会的劣化」を総合的に判断し、運用費の削減と共に、資産価値向上を図るための省エネルギーマネジメントを実施します。

施設情報管理システム構築

保有施設における施設管理業務のバラツキを抑えるため、委託業務仕様書の策定、施設管理上の必要情報抽出のマニュアル整備、施設管理フォーマットの統一、管理情報の分析カテゴリーの標準化などを行うことで、施設管理手法・情報の一元管理を支援します。

戦略的リノベーション計画推進

効果的な資本的支出( CAPEX )の再投資に関する「計画立案・発注マネジメント」の実施により、「性能グレードアップ」を図り、資産価値向上を実現します。