WORKS実績・事例

研究開発施設

市場の構図やニーズがめまぐるしい変貌を続けるなか、経営戦略のイノベーションとともに研究開発のあり方を見直す企業が増えています。従来の研究開発施設は、研究開発部門主体で計画・整備・運営されてきましたが、近年の研究開発は、企画段階から運営段階まで、経営戦略を色濃く反映する方向へと転換し始めています。 その際にカギを握るのは、経営と直結する「事業(研究開発)戦略」の立案です。経営戦略というトップダウンの判断と、研究開発運営というボトムアップの提案を統合した事業戦略を立ち上げ、それに基づく研究開発施設の構築が求められています。

山下PMCの強み

山下PMCは、研究開発施設の構築において、医療、機械、化学、電子、食品など幅広い産業を網羅する専門的知見と豊富な実績を有しています。研究開発施設の計画に際しては、施設単体の整備ではなく、経営をイノベーションするという視点から経営理念や要求項目に基づく経営戦略の立案を支援。経営戦略と密に連携した施設のあり方を取りまとめていきます。同時に、山下PMCならではの習熟した各産業の専門的知見を活かして、多様な研究開発の意図や技術を正確に把握し、経営戦略との統合を見据えたボトムアップニーズの集約・整理を図ります。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP