WORKS実績・事例

公共施設

2014年6月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が改正され、公共工事で多様な発注方式の採用が認められるようになりました。従来では制度上採用が難しかったデザインビルド方式や性能発注方式、ECI(Early Contract Involvement)方式などの生産方式に自由度が認められるようになり、各自治体は試行錯誤を重ねています。複雑化・高度化する発注方式を総覧し、プロジェクトに最適な発注方式を選定するために、公正な評価方法の仕組みづくりと適切な制度運用が求められています。また、多くの自治体では高度成長期に建設された施設の老朽化が進み、PRE戦略の立案・実施も課題となっています。

山下PMCの強み

山下PMCはPM/CMのリーディングカンパニーとして、発注者の立場に立ち、プロジェクトに最適な発注戦略を立案してきました。民間における性能発注方式をはじめとする多様な生産方式の活用実績はもちろん、公共工事でもPM/CM業務や発注者支援業務、エリア全体を対象としたまちづくりコーディネート業務、アットリスク方式におけるCM監査など、様々な立場で参画しています。

サービスに関する資料や最新の事例情報など、お役立ち情報をダウンロードできます

CONTACT

ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

PAGETOP