「2014年度CMスクール」山下PMCから2名が講師に

日本コンストラクション・マネジメント協会が主催する「2014年度CMスクール」にて、当社代表取締役社長の川原秀仁と、取締役執行役員・事業推進本部長の木下雅幸が講師を務めました。

「CMスクール」は、CMrおよびこれからCMに取り組もうとする人を対象とした、コンストラクション・マネジメントに関する基礎的・実践的な知識と技術を学習するための講座です。2014年度は、10月5日より8講座が開設されています。

川原は「第1講座 CMrのためのプロジェクトフレームワーク演習」を、講師の一人として担当しました。プロジェクト・スキームの構築方法、プロジェクト・ハンドリング方法、会議体の構築・運営実例といったプロジェクト運営のスキルについて、実務経験に基づいた講義とワークショップを行いました。

木下は「第2講座 CMrのプログラミング術」を、講師の一人として担当しました。発注者のニーズを形に変える設計段階において、CMrとしてどのような観点でプロジェクト全体をプログラム化し、発注者・設計者を導いていくのか、講義とワークショップを行いました。

当社2名の担当する講座はすでに終了しましたが、「2014年度CMスクール」は2015年5月まで開講されます。まだ受講申し込みが可能な講座もあります。詳しくは日本コンストラクション・マネジメント協会HP http://www.cmaj.org/index.php/cmschool-upをご覧ください。