山下PMC株式会社 山下PMC

山下PMCの「施設参謀」とは?

山下PMCは、
お客さまのビジョンを実現するために必要な
「仕組み」と「施設」づくりを支援する『施設参謀』です。

施設を造る時、設計や施工者をはじめとする様々な会社や人がプロジェクトに関わります。建築にまつわる業務は専門性が高く複雑で、事業主であるお客さまの中には、関係者との意思疎通に苦労している方が多くみられます。そこで、施設建設の専門知識と経験を持つ山下PMCの「施設参謀」がお客さまの側に立って、関係者間のコミュニケーションを促し、お客さまにとってわかりやすい言葉に変換しながら、プロジェクトを推進していきます。

「施設参謀」とは?

PM(プロジェクトマネジメント)/CM(コンストラクションマネジメント)の基本は、品質・コスト・納期をコントロールしながら、施設建設プロジェクト全体をマネジメントすること。私たちは、合理的なプロジェクトの設計、高い精度での推進に絶対的な自信があります。しかし、施設参謀の役割は決してそれだけではありません。

「施設参謀」とは?

「新しいビジネスモデルを普及させたい」、「収益力を高めたい」、「業務環境を改善したい」、経営や事業に関わるニーズは尽きません。誰よりもお客さまの近くで仕事をしてきた山下PMCは、プロジェクトの川上から参画することで、お客さまの多様なニーズを汲み取り、整理しながら、事業戦略につなげます。そして、お客さまの営みに必要な施設戦略に落とし込むことができます。

「ビジョンを実現するための仕組みと施設を、お客さまに、社会に。」

この言葉に私たち、施設参謀の使命と目標を込めました。

施設参謀という仕事、その価値

事業主にとって施設や不動産は重要な資産であり、大切な経営資源です。施設は本来、中長期的な経営計画にもとづいて造られ、事業主に利益をもたらすものでなければなりません。これまでも、経営と建築、それぞれ単体でサポートするコンサルタントは存在しました。でも、事業戦略と施設戦略を融合し、建築プロジェクトをマネジメントできる専門家が欠けていました。だからこそ私たち「施設参謀」が必要です。

施設参謀という仕事、その価値

山下PMCは、プロジェクトの川上の段階で、お客さまのニーズ・シーズ・ウォンツを徹底的に棚卸して、事業戦略をつくります。そして、事業戦略と施設戦略を融合させ、QCDSRの観点で課題の全体像をとらえ、建築プロジェクトを確実に推進します。 お客さまのビジョンを実現するための「仕組み」と「施設」を提供する。これが「施設参謀」のミッションであり、他のコンサルタントの追随を許さない山下PMCの強みです。

私たちは常に発注者であるお客さまの視点・目線で考えています。その一つは、施設を「建てない」という選択肢の提案。建築の世界では、「建てる」ことを前提としたサービス形態でした。でも、事業・資産・施設運営を一体で考えるCRE/PRE戦略を立案する私たちは、プロジェクトに応じて新築以外の提案も行います。たとえば、外観をそのまま活用した内部のみのリニューアル、コンバージョン、増築・減築・除却・・・さらに、使われていない空間を有効活用するアイドル・エコノミー等、「組み合わせ」の発想です。 お客さまの利益を第一に考えているからこそ、固定観念・既成概念にとらわれず、常にお客さまにベストな答えを探し続けます。

Q:Quality  C:COST  D:Delivery  S:Service  R:Risk

施設参謀の強み

強み 01日本のコンストラクションマネジメントの
パイオニア

山下PMCは1997年、日本初のPM(プロジェクトマネジメント)/CM(コンストラクションマネジメント)の専業会社として創業しました。この分野のリーディングカンパニーとして、2000年から現在まで膨大なプロジェクトに取り組んできました。その中で、私たちは日本のCM/PMのスタイルをつくり、常にアップデートを重ねています。扱うプロジェクトはさまざまで、総予算500億円以上の大規模プロジェクトも数多く、2019年現在、進行中のプロジェクトの総事業費は約3兆円に上ります。

強み 02常にお客さまの側で
手から手にサービスを渡す

山下PMCには、意匠・構造・設備設計、施工、監理等の経験者が揃っており、建築のすべてのフェーズに対応できます。
私たちの立ち位置は、常に発注者であるお客さまの側にあります。
難解な専門用語が多い建築プロジェクトにおいて、私たちはお客さまがもっともイメージしやすい言葉に変換しながら、発注者と受注者(設計者・施工者・メーカー等)とのコミュニケーションを促します。
お客さまの視点・目線を自分の中に住まわせ、柔軟な発想と実行力によって、課題の解決、ビジョンの実現につなげるまで、サービスを渡し続けます。

強み 03同じサービスは一つも無い
常にベストなチーム編成でプロジェクトを推進

山下PMCには、建築のみならず、不動産・経営・財務等、多様な知見・経験を有するマネジャーがいます。その中から、プロジェクトの特性やお客さまの要望に合わせ、ベストなメンバーを選び、プロジェクトを推進します。また、設計者や施工者の選定においても、中立的・客観的立場を貫きます。

私たちは、画一的なサービスは絶対に提供しません。それぞれのプロジェクトごとにメンバーとサービスをカスタマイズし、お客さまの期待を超える価値を追求します。

サービス紹介

プロジェクトのどのフェーズでも、山下PMCの施設参謀が常にお客さまの側に立ち、的確なマネジメントとアドバイスを行います。

事業戦略

事業戦略

事業を創る

街に賑わいを生むスポーツ施設を造りたい」、「ビジネスホテルをリゾートホテルにリニューアルしたい」、「これからのワークスタイルに対応したオフィスが欲しい」・・・お客さまのビジョンを叶え、確実に生み出すための戦略を立案します。

施設戦略

施設戦略

事業戦略を施設戦略に落とし込む

事業戦略と施設戦略がかい離していては、絶対にお客さまの利益につながる施設は造れません。山下PMCは、その施設にどんな人が集まり、どんな営みが行われるのか具体的に掘り下げて考え、機能やデザイン・設備まで落とし込みます。また、目標達成に向けて、最良のプロジェクト体制を構築します。

発注・設計・施工マネジメント

発注・設計・
施工マネジメント

施設戦略を実行する

常にお客さまの目線で設計・工事等すべての工程をチェック。問題点は早急に改善します。たとえば、専門家でも読み取ることが難しい設計図書の情報は、お客さまが理解・イメージできるわかりやすい形に変換して伝える等、関係者間での情報の停滞・渋滞を防ぎます。全員の意思を統一し、プロジェクトを確実に運営します。

運営管理

運営管理

運営上の課題を解決し、次の事業戦略につなぐ

数十年におよぶ施設の寿命。施設の老朽化に加え、社会的劣化も進み、施設運営を見直す時期が必ずやって来ます。山下PMCでは、建築・不動産・財務等の知見を掛け合わせ、施設運営そのものの課題のみならず、その背後・周辺にある経営課題もとらえることで根本的な解決策を考え、お客さまと一緒に改善につなげていきます。

事例・実績

CONTACT

施設やサービスに関するご相談はこちらからお気軽にどうぞ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

その建物、経営資源ですか?

施設参謀

「施設参謀」好評発売中!

Amazonで購入

出版元:ダイヤモンド社 価格:1,600 円 + 税

「施設参謀」の見どころ

経営者・施設を担当する方へ
経営者のための経営者目線で書かれたはじめての施設の本「施設参謀」 「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」に続く、第5の経営資源として「施設」を挙げる経営者が増えてきています。 いま先端企業の経営者は、本社ビルや事業所、研究開発施設などの中心稼働施設を、経営戦略と一体化することを求めています。
施設に対する支出を、経営戦略を実現するための投資に変えたいとの想いを口にします。
変化の激しいビジネス環境のもとで、施設を経営資源に変えたいという経営者のニーズが生まれたのです。
これまでは、経営者のために書かれた施設の本がありませんでした。
「施設参謀」は、経営者・施設運営者が施設を知るために「最初に出会う本」になりました。

こんなときに読んでください

建築・建設関係の方へ
いま、建築・建設業界の仕事は大きく変わりつつあります もっと経営者・発注者の信頼を得たい。もっと大きな仕事をしたい、もっと手前側から建築に係わりたい。 発注者の参謀として20年。施設の参謀・山下PMCが経営者・発注者のニーズを施設に実現化した最新事例を交えてご紹介しています。
「コスト増」、「デザインビルド」、「発注図書」、「BIM」などの話題のトピックもわかりやすく解説。
組織設計事務所、ゼネコンに勤める方はもちろん、設計+αの仕事をしたいアトリエ建築家や進路に悩む建築学生の方も必読です。

こんなときに読んでください

こんなときに読んでください
こんなときに読んでください

「施設参謀」好評発売中!

「施設参謀」著者紹介

川原 秀仁(Hidehito Kawahara)山下ピー・エム・コンサルタンツ代表取締役社長

1960年、佐賀県唐津市生まれ。大学卒業後、農用地開発/整備公団、JICA等を経て、山下設計に入社。1999年より山下ピー・ エム・コンサルタンツの創業メンバーとして参画し、国内のCM(コンストラクションマネジメント)技術の礎を築く。メガプロジェクトを中心に 代表的CMプロジェクトに従事し、近年は事業創造や事業戦略策定の支援、CRE/PRE戦略を群単位で解決する業務など、幅広い領域の総合マネジメント業務を展開中。
私生活では映画や音楽、イラストなど、エンタテインメント・コンテンツの造詣も深く、地元唐津の波で揉まれたサーフィンの腕前は今も顕在で、週末は波を追うというアクティブな一面も。

「施設参謀」読者の感想

発注者はもちろん広く建築関係者に一読してもらいたい一冊である

本書は、単なるCMやPMの業務に関する本ではない。今後の建築生産のあり様に関する重要な指摘が含まれている。たとえば、発注者の建築行為の意思決定段階に関与することや詳細な発注図書を作成することの重要性が示されているが、これは、まさしく、設計・施工及び工事監理という現在の建築生産の基本的な枠組み(一般的なCM、PMまで加えた場合を含む)において未だ解決されていない問題の解決への糸口にもなり得る指摘である。
さらに、建築生産が本当に社会の役に立っていると国民に感じてもらうためには、「建築を通してもっとストレートに社会やクライアントの役に立ちたい」という思いが必要なことも本書は示してくれている。

発注者にとっての建築施設の指南書であり、
建築界の明日をも拓く書

本書は、建築施設の新築・改修・改築を考えている発注者にとっての指南書でもあり、またそれに関わる極意を書き表した書でもある。現在、建築施設に対する考えは大きく変わりつつあり、ROA経営、国際会計基準、CRE戦略、LCCなどを重視した施設発注が益々必要になっている。入れ物が出来ればよいと言う時代は終わった。建築界も発注者のこの動きにどのように対処するかが、2020年以降の生き残り戦略となる。

『施設参謀』はビジネスをどう変えるか?

本書は、映画産業でのイノベーションを参照しながら、「水平分業が非常に進んだセクターで(中略)、映画産業と違い、異分野の事業主が現場の末端までを把握するのはほぼ不可能」な建設プロジェクトにおいて、「施設参謀」がプロデューサーとして「施設戦略」を構築し、事業主を支援するという新しいビジネスの姿を紹介している。事業主だけでなく、建設プロジェクトに関わる多くの人に今後のイノベーションを考える上でのヒントを与えてくれる好著。

建築学生こそ、社会に出る前に読みたい

タイトルからは内容を想像できませんでしたが、ストーリー仕立てで読みやすく、大学では教えてくれない建設産業界の現場を、プロジェクトの中立的立場である“参謀”目線で語られています。建築と企業・社会との関係図が、初めてリアルに見えてきました。

感想をツイートする

感想のまとめを見る

「施設参謀」書籍担当者より

施設建設と経営戦略を
切り離していないか

研究施設や工場の新築、本社の建て替えなど、新たに施設を建設する際に設計会社やゼネコン各社に相談し、自社要望を伝えて建築していると単純に考えていた。しかし、本書の編集に携わり、それほど単純ではない事を知った。施設建設において中期経営計画や長期計画、経営ビジョンまでも含め、加味したうえで一体どのような施設を作るかを考えるべきだという著者・川原氏の言葉に感銘した。極論かもしれないが、本当は新設する必要のない施設、という判断も選択肢の一つではないか。単なるハコの建設ではなく、重要な資産ととらえ、経営戦略の一つに位置づける。実におもしろい、そして的を射た指摘だと感じた。施設を経営戦略の一環と捉える本書こそ経営層に是非読んでもらいたい一冊だ。

ダイヤモンド社編集担当 花岡則夫

建築とビジネスをつなぐ
はじめての本

建物を運営する事業主の方も、建物を実現に向けて尽力する建築技術者も読める本。経営者と建築技術者双方をつないできた「施設参謀」ならではの視点で建設プロジェクトのあるべき姿が描かれています。
本書を編集する過程で、民間の大規模プロジェクトでは変化は静かに起きており、建物に関するニーズはかわりつつあることを知りました。
「こんな仕事が本当にあったのか!」経営者の方も、建築技術者の方も、本書を通じてそのような発見をしていただければ、嬉しく思います。

山下PMC
本企画担当

「施設参謀」好評発売中!

目次紹介

試し読み

フロントストーリー: とある東証一部上場メーカーの悩み

ある訪問/新築計画と会社の未来/契約締結/私たちの役割/本当に必要なのは「工場」ではなかった/X社の置かれた現実 /技術と人財育成を担う先端施設への転換/単なる「建て替え」を超えた包括的なプロジェクトに

第1章: 施設建築の参謀として

事業主が求める「施設の参謀」
エンターテインメントにたとえるなら/映画界におけるプロデューサーの役割/日本の名プロデューサー角川春樹/建設業界には誰がいるか/建築家=プロデューサーにあらず
施設はイノベーションを生み出せるか
シネコンが映画を甦らせた/コンテンツのイノベーションが好循環を生む/顧客の創造/施設建設の場合/参謀役がいなければ/あるケーススタディの5W2H/プロデューサーがつくる事業主主導の体制/建設のプロの弱点を回避する/不況になると病院が建て替わる理由/新しい病院が続々誕生した/事業主のニーズは建設不要ということも/施設建築と経営を繋ぐ施設参謀

第2章: 施設戦略とは何か

施設戦略への道程
山下PMCと山下設計/黎明期/新しい発注方式にトライする/日本初の本格コンストラクションマネジメント/分離発注方式で学んだマネジメント・ノウハウ/CMはコストカッターではない/不動産投資ビジネスをサポートする/施設活用に必須の竣工図書/竣工図書を進化させる/「三現主義」で社員を鍛える/施設戦略とともに企業の未来を提案する
事業戦略から施設戦略を導く
「見えないコスト」も含めてトータルで考える/なぜランニングコストは軽視されるのか/「コスト」と「プライス」の違い/一面的なコストダウンには弊害も/施設発注は経営判断そのもの/QCDS+Rを発注図書に落とし込む/性能発注で施工期間が短縮できる/施設完成後の利用計画を練りあげる/収益用途と実需用途

第3章: 施設参謀がつくる新しい「施設建設」

建築関連図書を見直せ
プロジェクトは発注図書から始まる/発注図書がキチンと整備できればプロジェクトは成功する/設計説明書でプロセスの履歴を残す/もし設計説明書がなければ/重要性増す竣工図書/設計者を苦しめる二つのハードル
フロントローディングからコンカレントエンジニアリングへ
進化する発注方式/効率の良いプロジェクトにいかに変えるか/コンカレントエンジニアリングへ/『トイ・ストーリー』に見るものづくりの革新/ストーリー至上主義/施設戦略があってこそ可能になるコンカレントエンジニアリング/改正「品確法」が変えた建設のスタイル/震災復興事業が建設業界の進化を促す

第4章: 山下PMCが手掛ける先進プロジェクト

先進企業の施設づくり例(1)
武田薬品工業の創薬を担う「湘南研究所」
1800人の民族大移動/日本企業が培った知恵と技術の粋を集める/物事を決める「仕組みづくり」から取り組む/異例の「合同設計室」立ち上げ
先進企業の施設づくり例(2)
矢崎グループ「ものづくりセンター」
スピード経営が信条の矢崎グループ/熱い思いの実現の仕方/徹底したフロントローディングの実践

第5章: 今こそ"次世代産業モデル"を!

2020年に向けて動き出しているもの
東京オリンピックに照準を合わせた再開発/変化を恐れず新しい日本の形を探そう
日本の未来をつくる七つの戦略
(1)技術先進立国の堅持
変わりつつある製造業の事業スキーム/持たない経営の施設戦略/技術先進立国の未来を見据えた施設戦略を
(2)クール・ジャパンの国づくり
ゴールデンルートを増やせ/インバウンドを呼び込んだ佐賀県の戦略/安倍政権の本気度/地方も"本気"を出す時代
(3)国内インフラ・RE(不動産)再構築と強靭化
問われる次世代施設のあり方/安全安心の備えで資産価値も向上/IFRSの対応で必須となるCRE/PRE戦略
(4)健康長寿社会の実現と少子高齢化対策
少子高齢化は新たなノウハウとビジネスを生む/医療の進歩や高齢化の進展で変わる施設の体系/既存施設を介護施設にコンバージョンする/都市をユニバーサル・インフラ化する
(5)メディア変革と全国への展開
マスメディアが変わる/ローカルテレビ局と情報産業が地域情報の担い手に
(6)金融(ファイナンス)ビジネス変革
地銀再編への動き/新しいビジネスをジョイントする
(7)建設生産制度改革へのチャレンジ
改正品確法で多様な発注契約方法が可能に/品質を高める次世代の建設生産手法を確立する/多様化する生産手法のなかで増大するCMの役割と責任

課題解決を通して社会・経済を変革していく存在に

社会問題を解決して利益を上げるという考え方=CSV/加速する「インテグレーテッド化」の流れのなかで

あとがき

「施設参謀」好評発売中!

このページのトップへ