山下PMC

お問い合わせ

CSV経営

  1. ホーム
  2. 山下PMCについて
  3. CSV経営

利益追求と社会課題の解決を両立

山下PMCは設立以来、お客さまの事業の真の成功は、社会価値と経済価値両方の実現であるという方針のもと、一貫してCSV(Creating Shared Value)経営を推進してきました。CSV経営のベースには、CSR(建築業界を中心とした社会の健全性・持続性への貢献、そして、経営の透明性・公平性)があります。

事業者が施設建築に求める3つの要素

財務の健全性を測る指標はPL(損益計算書)で示される利益、およびBS(賃借対照表)で示される資産価値です。当然のことながら、事業者であるお客さまは、保有する施設の運用によって利益を出し、資産価値向上につなげることを求めています。
そして、昨今では、この2つに加え、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の要素が不可欠になっています。
そこで、山下PMCでは、これら3つの観点で事業用施設の建築・運営をマネジメントし、お客さまのCSV経営を支援しています。

山下PMC流CSV経営

私たち施設参謀の目標はさらにその先にあります。 「企業の目的は顧客の創造である」というドラッカーの言葉にもある通り、お客さまの目的はあくまで事業を成長させ、「顧客の創造」をすること。施設はあくまでもそれを産み出す基盤でしかありません。だから私たちは、「顧客の創造」へのフローを施設によって達成するための計画策定と実践、それこそが本来のPMrやCMrの役割だと考えています。
建設バリューチェーン再構築と「7つの戦略」により、次代の産業モデルをお客さまと共に創出し、より良い社会づくりに貢献することが、山下PMC流CSV経営です。


施設参謀が事業戦略と施設戦略を融合します。事業に対してヒト・モノ・情報・カネ、施設(建築)に対して事業の永続、社会的責任、資産価値の最大化といったマーケティングやイノベーションすなわちチエの投入を行うことで、事業の成長、顧客の創造に繋げます。
  1. ホーム
  2. 山下PMCについて
  3. CSV経営